おにぎり倶楽部トップページ
  • ニュース&トピックス
  • おにぎり坊や認知度調査
    • 新着情報
    • 都道府県
    • ランキング
    • ランキング
  • おにぎりせんべい検定
  • Coming soon
  • おにぎり倶楽部会員募集
  • マスヤのトップページ
  • サイトのご利用について
  • お問い合わせフォーム
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー

おにぎり坊や認知度調査

佐賀県佐賀市

2012年 09月 15日(土)晴れ


続きましては佐賀編をお送りします。


今回認知度調査で訪れましたのはこちら。

 

 

どんっ

スーパーモリナガ高木瀬店


認知度調査当日は天気に恵まれ、気持ちのよい快晴でした。
お客様の出入りも激しく、駐車場はほぼ満車状態でした。

 


一同が認知度調査の準備中、店内からの視線を感じ振り返ると、スーパーモリナガの青果担当の方がカメラを持ってこちらを見ていました。

 

 

 

どうやら、記念に写真を撮りたかったようです。

おにぎり坊やは大人たちにはモテるようです。



認知度調査が始まると、さっそく子供たちが集まってきてくれました。
坊やも子供たちと握手をしたり、ジャンケンをしたりと楽しそうでした。

 

今回は大丈夫だ!!そう思った坊やであったのですが、
坊やが積極的に寄って行くと全力で泣く子供たちが多数…。


まぁ…ね…そんな日もあるよ、坊や。

 

今回の認知度も95%と好成績。
おにぎりせんべいは佐賀県の方々にも知れ渡っていました。

 

 

その後一同は吉野ヶ里遺跡に。

佐賀といったらやはりこの場所でしょう。



吉野ヶ里遺跡とは弥生時代の遺跡であり、この大きさの遺跡は日本最大だそうです。
確かに、敷地内は物凄く広く、歩き回るだけでも疲れてしまうほどでした。

こちらの遺跡では建物の入ることが出来るので、早速入ってみました。

私は「外が暑かっただけに中も蒸し暑いんじゃないの?」と思っていました。


しかし、中は快適なほど涼しく、冷房入らずな空間で驚きました。
「昔の人の知恵ってすごい」そう感じました。


その場をあとにし、喉も渇いたので自販機を探していると


 

休憩室までこの建物なのですか。
さすがです。吉野ヶ里遺跡。

中を覗いてみると弥生時代の建物の中に自販機というなんとも不思議な光景が。
「現代の人の発想ってすごい。」そう感じました。

 

さて皆さん。
佐賀といったら吉野ヶ里遺跡と書きましたが、実はもうひとつ有名なものがあるのをご存知でしょうか。


それは、呼子(よぶこ)の烏賊です。

呼子では烏賊をシュウマイにした「イカシュウマイ」やイカを特殊な装置で干す「イカの一夜干し」などが有名で、イカを生きたままお刺身にする「いかの活き作り」などもあるのです。

「せっかくだし、行ってみますか!」と車を走らせた一行。

 

ブーン(車の走る音)


ブーン(車の走る音)

……まだなの?笑
と思うほどの移動距離。


やっとの思いで、呼子港付近に到着し、まずは一夜干しの装置を探すのでしたが…
探してもどこにもないのです。

原因はおそらく到着時刻と天候。
途中まではいい天気だったのですが、途中から小雨が降るような天気に。


一同が諦めかけていた時、奇跡的に1台一夜干しの装置を発見!
しかも、イカを付けて回っている。これは写真を収める決定的チャンス。

 

しかし、長距離運転初心者の伊藤。

止まれずにそのまま直進。


「本当にすみませんでした。By伊藤」

 

 

 

 

 

その後散策し、見つけました!イカシュウマイ!
シュウマイ自体は歯ごたえがありプリプリとしていました。
しかし、プリプリした中にもイカのしっかりした歯ごたえもあったので食べ応えのあるシュウマイでした。



結果的になんとも珍道中な佐賀県でした。
それでは次は福岡編でお会いしましょう。

 


…とTV的にはここで終わりですが…

「行き」があったら「帰り」もあるんです。
大事なことなので2回言いますよ。

「行き」があったら「帰り」もあるのです。


「誰か運転変わってくれないかな」と心の中で思いながら
伊藤は福岡へ向け、車を走らせるのでした。


続く。

↑に戻る