おにぎり倶楽部トップページ
  • ニュース&トピックス
  • おにぎり坊や認知度調査
    • 新着情報
    • 都道府県
    • ランキング
    • ランキング
  • おにぎりせんべい検定
  • Coming soon
  • おにぎり倶楽部会員募集
  • マスヤのトップページ
  • サイトのご利用について
  • お問い合わせフォーム
  • サイトマップ
  • プライバシーポリシー

おにぎり坊や認知度調査

山口県山口市

2012年 06月 23日(土)曇り


 

大分から山口に移動してきました。
山口に到着して、まず最初に行ったのは、秋芳洞。
秋吉台の地下にある鍾乳洞で、日本最大規模です。
これは行っておかなきゃ!!


 

 

 

入り口からして風情ありますね。素敵な景色!!
中に入っていくと・・・



何億年という歳月をかけて造られた自然物。
黄金柱や百枚皿など、素晴らしい景観ですが、残念ながら暗いため写真にはほとんど写っていませんでした。
これは、ぜひ行って見てこい!ということですかね。

 

 

 

 

そして地上では、日本最大のカルスト台地である秋吉台が広がっています。
昔々、この一帯は海だったんですね。
見渡す限り、草地と石灰岩が続いています。


 

 

 

大自然の素晴らしさを体感した翌日は、市内で認知度調査を行いました。
今回は、「丸久 アルク大内店」様にご協力いただきました。


土曜日ということもあり、お子様連れのお客様でにぎわっています。


近くでスポーツの大会があったそうで、ジャージ姿の方もちらほら。

 

 

地元のバレーボールチーム「高泊RABBITS」の皆さんと記念撮影をしていただきました。
皆さん、小学生だそうですが、大きいですね!
目標はオリンピック選手かな?応援してるよ!!


 

 

 

山口の認知度は、100%!!
おにぎり号も大人気でしたよ。


 

 

広島へ移動する前に、岩国市へ。
岩国城を見上げながら、錦川に架けられた錦帯橋を見に行きました。
中国の西湖にかかるアーチ橋を元に、1673年に5連のアーチ橋である木造の錦帯橋が造られました。その後、幾度となく洪水により橋が流されながらも、補修を繰り返しながら、現在の景観が保たれています。地域の皆さんのたゆまぬ努力があったからこそのものでしょう。


さて、この旅もいよいよ終盤にさしかかります。
岩国市から一向は広島県へ向かいます。

↑に戻る